首イボの種類

お肌にできるアクロコルドンとは?説明と特徴、治療法などまとめ

更新日:

イボには色々な名前があってアクロコルドンというものがあるらしいよ
友達ともこ
首イボ子
じゃあ、アクロコルドンについて詳しく知りたいよね

肌にはアクロコルドンというイボの一種ができることがあります。

それは一体どんな形なのか、何が原因なのかなどが気になる人も多いのではないでしょうか。

アクロコルドンについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

アクロコルドンとはどういう物なのか

アクロコルドンは、首やワキなどの皮膚が柔らかい部分にできるイボの一種です。

その特徴は2~3ミリほどの大きさで、色は肌色から褐色になっており、触ると軟らかいのが特徴です。

アクロコルドンはクリニックによってはスキンタッグや軟性繊維腫などという名前で呼んでいることもあります。

 

また、首にできる比較的小さなイボの中で、アクロコルドンはあまり盛り上がっていない形のもの、スキンタッグは皮膚から飛び出している形になっているもの、軟性繊維腫は5ミリ以上の大きさのものと分けているクリニックも見られます。

アクロコルドンができるのは、30代から40代ほどの年齢の人が多いとされていますが、20代くらいの若い時からこのイボに悩む人もいます。

首に小さなイボが複数できている時は、アクロコルドンかもしれないと疑ってみると良いでしょう。

 

アクロコルドンは何が原因でできるのか

アクロコルドンができる原因は皮膚の老化だと言われています。

このイボが首によく現れるのは首は露出していることが多い部分で、紫外線を浴びることによるダメージを受けやすいからだと説明されています。

紫外線の影響で皮膚が老化してできる良性腫瘍の一種とされるアクロコルドンは、衣服がよくこすれる部分であるワキなどにもできやすいです。

その場合は衣服の摩擦で皮膚が刺激を受けてしまい、アクロコルドンができていると考えられています。

また、このイボは人によってできやすい人とできにくい人がいるため、発症には遺伝も関係しているとされています。

アクロコルドンは危険な物ではないのか

アクロコルドンはウイルスの感染によってできるものではありません。

そのため、首にイボがたくさんできているのが気になってクリニックを受診し、アクロコルドンだと診断されたなら、そのまま放っておいても別に危険なものではないので大丈夫です。

ただし、アクロコルドンは一つ二つではなく、たくさん発生してしまうことがあり、そうなってくると見た目が良くないことや、ハイネックの服を着た時などにこすれてしまい、炎症を起こしたり気になることがあるため、治療を考える人も多い症状です。

 

アクロコルドンを治したい時に利用できる治療法

アクロコルドンを除去したいと思ったら、皮膚科などのクリニックで治療を受けることができます。

利用できる治療法はクリニックによって異なっており、保険適応で受けられる治療もあるため、安く治したい人はそういった治療法を検討するのが良いでしょう。

アクロコルドンを除去できる治療法の一つには、液体窒素を使ってイボになっている部分を凍結させる方法があります。

この方法は保険適応でできるのが良い点になっており、液体窒素で処理した部分は1~2週間ほどでかさぶたのようになり、その下から新しい皮膚が再生してきます。

液体窒素療法のデメリットは、治療時に痛みがあることと、人によっては何度か行っても効果が出にくい場合があること、治療した部分に色素沈着や傷跡が残る可能性があることなどです。

 

その他に炭酸ガスレーザーでアクロコルドンの盛り上がっている部分を蒸散させる方法もよく使われています。

炭酸ガスレーザーは自由診療での治療になり、保険が適応されません

しかし1度の治療で取れる場合が多く、傷跡も残りにくいとされています。

 

他にもデルマトロンという中周波を使う医療機器や、高周波のサージトロンという治療法でアクロコルドンを除去できるクリニックもあります。

これらの方法は液体窒素療法よりも効果的に除去ができると説明されているため、なるべく早く治したい人や治療後の肌の見た目の美しさが一番気になるという人は、利用を考えると良いでしょう。

アクロコルドンは人によっては一度取ってもまた出てくる可能性がありますが、首イボが増えて気になる時には自分に合った治療法が受けられるクリニックで相談し、治療を受けるのがおすすめです。

-首イボの種類
-

Copyright© 効く首いぼ薬を探して!首イボクリーム口コミ通販・ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.